山本桂馬の川柳の世界へようこそ

2015年に亡くなりました私の父「山本桂馬」の川柳を集めたサイトです。

父は生前に「鎮痛剤に川柳はいかが」という自費出版の句集を作りました。ありがたいことに皆様に貰っていただき、今は手元に数冊を残すだけです。

亡くなって5年。まるで生まれ変わりのようにやってきた、親父の名前を一文字もらった息子に日々手を焼きつつ、父親の重責が少しずつ解るようになってきました。

ある日墓参りに行った帰り道、ふと「あの句集をもう一度世に出したい」と思い立ち、このサイトを立ち上げました。生前出来なかった親孝行になればと思っています。

MENU